2015-02-28

平日夜な夜なキャラチョコ作り


バレンタインデーに便乗してチョコレートを作りました。

今年作ったのはフォンダンショコラ。
(写真なし)

それだけでは少し味気ないので、今年はこんなものも作ってみました。


P2200661.JPG



キャラチョコ!(痛チョコとも言うそうです)


料理というよりはアート?
家庭科の成績は悲惨だったものの、美術の成績は良かった(自称)
私が腕を奮って挑戦してみました。


ぐでたま



P2200659.JPG


黄色はチョコペン使用だけど、赤は着色料を買って濃淡を作成。
ベーコンのリアリティにこだわり。


猫ピッチャー



P2200658.JPG


ニャイアンツのミーちゃん。
早く3巻出ないかな。


マリーちゃん



P2200660.JPG


おしゃれキャットのマリーちゃん(ツムツム)。
一番きれいにできました。左右対称がいい感じ。


★参考にさせていただいたレシピ↓
イラストみたいなキャラチョコ☆ by ピクとも [クックパッド]


一部失敗して写真がいまいちだったので載せていませんが、ダースベイダーも作りました。
こういう創作は楽しいです。いつかキャラ弁とか挑戦してみたい。

ところでこれは趣味に入れていいものでしょうか?
それはさておき、ぜひお試しあれ。



おまけ



P2230665.JPG


友達からもらったチョコレート。ブラックサンダー祭。

「かる〜い関係 かる〜い食感」「マジで恋する濃い〜味」「ふつうに友達」など、
バラエティ豊かなブラックサンダーたちをいただきました。
すばらしきかな、義理人情。




有楽製菓 ブラックサンダー1本×20個




posted by ここ at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | お菓子作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015-01-25

不器用による初めての羊毛フェルト マンチカン(2)


羊毛フェルトで作るマンチカンのキット、完成しました。

前回は土台まで作ったので模様付け〜仕上げまでを綴ります。
→前回:不器用による初めての羊毛フェルト マンチカン(1)


毛皮を張り付ける



そもそも羊毛フェルトって、いろんな色の羊毛でパーツを作って
それをくっつけて作るものだと思ってたのですが、
白い羊毛で土台を作ってから色の付いた羊毛を刺し付けていくものなんですね。

前回作った白い土台に、毛皮を付けていきます。


P1130623.JPG


頭だけ付けたら金髪女子高生みたいになったので、リボンを付けて遊ぶ。


P1140625.JPG


全身に刺し付けたらこんな感じになります。
この塗っていくような作業が意外と楽しかったです。


顔作り



続いて、顔を作っていきます。一番大事なところ。
大きめに穴を空けて目を差し込み、口は細くこねた羊毛で描きます。

と、こうなる。


P1140627.JPG


自分で作っておいて言うのもあれですが……カワイイ。
み、耳も付けます。


P1150628.JPG


さらに、たれ耳に。


P1150630.JPG


へこ。


P1150629.JPG


おしりのふわふわ感にこだわってみる。

この辺りで、手の中の羊毛に、生命が宿ったことを確信しました。
うっかり目とか刺すと「ごめんね、痛かった?」とか話しかけたくなります。こわい。


最後の難関 模様と尻尾付け




あとは残りの模様を付けていきます。
生まれたての小鳥を扱うかのように慎重に作業します。


P1170633.JPG


顔は上手くいったけれど、模様のバランスが意外と難しいのです。


P1250634.JPG


どうもコントラストがはっきりして不自然な感じに見えてしまいます。
自然になじむように、ぼかしていきます。


P1250636.JPG


土台作りの頃のようにザクザク刺すこともできず、なんだか
毛がぴょんぴょんしてしまっているので、はさみで切って整えます。


完成!




テレビを見ながらお酒を飲みつつ、さくさくと細かい部分を刺して、
もういいかな?と思ったところで完成!


P1250642.JPG

/にゃー\


はじめてにしては、なかなかうまくできたのではないでしょうか。
(といっても、キット自体の難易度が「☆☆★ イージー」なんですが)


P1250639.JPG


大きさを比較できるペットボトル的なものが自宅になかったので、
ブラックニッカを並べてみる。


P1250644.JPG


足の裏は肉球装備。


P1250651.JPG


横顔。毛がぶわっとしている。


P1250648.JPG

/今週は昇太さんが司会か…\



ここまで作っておいて今さらながらネットで「マンチカン」を画像検索し、
そういえば足が短いのが特徴だったことを思い出しました。
キットの見本に比べると、足が大きく、好奇心旺盛そうな感じになりました。

まぁ、かわいくできたので良しとしましょう。


というわけで、不器用なりに初めて挑戦した羊毛フェルトでしたが、
かなり楽しくて大満足です!
せっかく道具も買ったので、次はキットではなく、
一からデザインして作ってみたいと思います。


ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。


P1250654.JPG



ハマナカ  マンチカン/製作キット -
ハマナカ マンチカン/製作キット -

ハマナカ フェルティングニードルスターターセット -
ハマナカ フェルティングニードルスターターセット -

posted by ここ at 23:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 羊毛フェルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015-01-17

不器用による初めての羊毛フェルト マンチカン(1)


P1120599.JPG


羊毛フェルトのキットを2015年初買いしたので作っていきます。


羊毛フェルトとは



羊毛を特殊な針でつつく事で、繊維を絡めながら任意の形に成形できる手芸の一種。ニードルフェルトとも呼ばれる。


数年前にユザワヤで見かけて以来、気になっていました。
経験者曰く「すっごく簡単」とのこと。
手芸レベル=家庭科で作ったTシャツが脇から崩壊する、の私でもできそうです。

一方で、ネット上には「意外と難しい」との意見も。
難しい?羊毛フェルトに挑戦する人たち【シュ-ル】 - NAVER まとめ

まぁとにかく、やってみましょう。ひつじ年だし。


手探りでパーツ作り



P1120601.JPG


キットと同時に、ニードルやマットが入ったセットを買いました。


P1120602.JPG


これがニードル。
二本装備できるホルダー(スピードアップ!)、とのことですが、
意図せず指に突き刺す確率もアップしたので途中で一本にしました。
意外と攻撃力すごい。


P1120603.JPG


説明書の通り、まずは羊毛を切り分けます。
白い羊毛を使い、さっそく胴体・頭・足などのパーツを作ります。


P1120605.JPG


…こんな感じ?
この時点では「チクチクすると固まってくる」という原理が
にわかには信じられず、手探り状態です。


P1120608.JPG


一通りのパーツを作成。まだあまり楽しくない。
原寸大の見本の大きさにならないし、指に何度も刺さって痛いし、
「これ苦手かも…」と早くもあきらめムードに。

息抜きに、余り(そうな)羊毛を使って猫?っぽいものを作りました。(左上)


パーツを接続。ちょっと楽しくなってくる。



P1120615.JPG


足を付けてみました。
なんだ、意外とそれっぽくなったじゃん?
でこぼこ部分に少量の羊毛を被せることで、ある程度の失敗は
後でカバーできることに気付きました。

形になってくると、ちょっと楽しい。
頭を付ければもっと猫っぽくなってくるかも。


P1120612.JPG


こっちじゃなくて、


P1120617.JPG


こっちを付けると、


P1120620.JPG


土台が完成。

「全然見本みたいな大きさにならないよ…」と
めそめそ作ってた割には、そんなにバランス悪くないように見えます。

ただし、何度も針を刺した指は翌日の仕事中まで痛みが残りましたが…。

次回、模様付け・顔作りに続きます。

posted by ここ at 17:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 羊毛フェルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじまり


2015年の目標
「履歴書の趣味・特技欄に書けることを作る」

ゆるくやっていきます。

※履歴書を書く予定は当分ありません。

posted by ここ at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。